~自分や社会の闇を半ばヤケ気味に笑い飛ばすブログ~

仕事が辛いと思ったら読むブログ

仕事

会社に行きたくない毎日に。自宅でゆっくり心を癒してくれる方法のご提案。

更新日:

スポンサーリンク

アニメdストア画像

かやあそう
目的:この記事では会社に行きたくない(;_;)と心を痛めているあなたに自宅でゆっくり心を癒してくれる方法をご提案します。

社会人になって東京に転勤したばかりの頃。新規事業メンバとして部長直属の部隊(部長1人、先輩1人、自分)に所属していた頃。

転勤して新しい職場になってもやっぱり仕事が終わらない。部長のオーダーは難しくそもそも何を言っているのかもわからずに対応していると

ちゃんと聞いているのか(怒)

と怒られる日々。3時間立ちっぱなしで怒られたこともありました。

かやあそう
口の中カラカラ(泣)

自分が悪いとか部長が悪いとかそんなの抜きにしてももはや会社に行きたくない。この想いだけが募っていった20代中盤でした。

そんなストレスに度々晒されていた僕を癒してくれたのは

・部屋を真っ暗にして加湿器のランプがついた状態で観たアニマックス

・潜り込むとすぐに暖かく包んでくれたベッドの布団

・自宅でお手軽にマッサージできるアイテム

でした。

今回はそのうち「自宅で心を癒してくれるアニメ閲覧」の方法をご紹介いたします。

アニメで癒される

スポンサーリンク
  

心が荒んでいく毎日

毎日毎日怒られると

心のエネルギーが減っていきます。もう前向きに仕事をする気持ちになれないんですね。

昭和世代のかただと

怒って怒られて仕事は覚えるもんだ!

とか

仕事が終わらなければ家に帰らなくていい!(もちろんサービス残業)

とか

仕事に対する熱意がものすごいのですが正直多くの働く人々は

毎日生きていけるだけの給料があってそれなりに仕事できればいい

と考えているのではないか。僕はそう思っています。

誰もうつ病のリスクを背負ってまで怒られてまで頑張りたくないのでは。

ならば会社から解放されたときくらい自分の心が癒されることをしてもいいのでは。

そう思うのは間違いなのでしょうか?

アニメを観るという選択肢

懐かしい作品もいまの作品も

懐かしい作品は「あの頃」を思い出させてくれます。

かやあそう
ドラゴンボールでわくわくした少年時代。
かやあそう
スラムダンクに心躍らせた10代の頃。

「あの頃」を思い出すことで心が旅をすることができるのですね。

ドラマではいけないの?

もちろんドラマでもよいのですが、より癒し効果が高いのが僕にとってはアニメでした。

というのもドラマだと「現実の範囲」を超えないんですね。

ぶっとんだ世界観を楽しめるアニメのほうが、僕にとっては心の旅をしやすい、というだけのおはなしです。

アニメ見放題はちょっと楽しい

 

アニメって子供の観るものじゃ?

広い海砂浜

子供も大人も観ます

ドラマというと子供が観るという要素はないのにアニメとなると子供が~という人がいますが。

僕にとってはアニメとはいろんな種類があって、ドラマよりストーリーや映像の表現の幅が広くアイデアに富んでいる、というのが正直な感想です。

かやあそう
だから心の旅がしやすく僕にとっては現実を一旦忘れて心が癒されやすいということです。

なのでアニメで放映していた作品がドラマ化されることがありますが、どうしても表現の幅が狭くなっているような感じが否めません。

ドラマは「現実世界」という制約があり予算や物理法則にどうしても表現が縛られてしまいますので。

もちろん面白いドラマもたくさんありますが僕はどちらかといえばアニメのほうに癒されることが多いです。

お手軽に観るにはスマホがいい

スマホならお手軽

僕は自宅のケーブルテレビ放送でアニマックスを観ていましたが最近であればスマホでdアニメストアがあります。

かやあそう
月額も400円(税抜)ととってもお安いですね^^

通信料さえなんとかなれば自宅だけじゃなくて外出先でもスマホでアニメが観れるとはいい時代になったものです。

でも僕のおすすめはやっぱり自宅の布団のうえでゆっくりアニメ鑑賞ですね。

心にエネルギーがチャージされていくのがわかります。

自宅でゆっくり心を癒やしたい場合はこちら

海の虹

他人が悪かろうが自分が悪かろうが身体も心も疲れるものは疲れます。

かやあそう
休みの日は終わらなかった仕事をしなきゃ(汗)

日本人はまじめです。僕もそんな気持ちにたびたびなります。というか記事を書いている現在もまさに仕事の課題が気になって気が気じゃありません(汗)

でも休日くらい休んだっていいじゃないですか。何も変な話ではないです。

詩人のゲーテさんはこんなことを言ってます。

人間は一つのことに執着してはなりません。そんなことをすると、気が変になります。我々は色々なことを雑然と頭の中に持っていなければなりません。

身体や精神が壊れてからでは遅いです。

アニメ観て心の旅でエネルギーチャージしちゃいましょう^^↓

dアニメストアの登録はこちら

 

 

スポンサーリンク

-仕事
-, ,

Copyright© 仕事が辛いと思ったら読むブログ , 2020 All Rights Reserved.