~自分や社会の闇を半ばヤケ気味に笑い飛ばすブログ~

仕事が辛いと思ったら読むブログ

引きこもり

レベル3:引きこもりから抜け出すための準備をしよう

更新日:

スポンサーリンク

引きこもり

さて、それではそろそろ引きこもりから抜け出すための準備に取り掛かりましょう。

え、そんな簡単じゃないだろうって?

かやあそう
そりゃそうです。

そりゃ簡単ではないのですが、千里の道も一歩から。

歩き出さないことには何も変わりません。

ポイントは歩き出すことであって走り出すことではない、ということですね。

かやあそう
でわ、はじまりはじまり。

スポンサーリンク
  

レベル3:引きこもりから抜け出すための準備をしよう

とにもかくにも健康が資本

はい、基本は健康であることです。

健康体でないとやる気も湧いてこないですし、何をしてても辛いです。

しかし「引きこもりで健康体とはなんぞや?」という話なのですが。

引きこもりさんは栄養不足と運動不足、加えて睡眠不足になりやすいのですよ。

以下、詳しくみていきましょう。

引きこもりさんの栄養不足

引きこもりさんは栄養不足になりがちです。

食事のバランスが偏ったり、家族に遠慮して少食になったりしている可能性があります。

でも食生活をバランスよくってのは知ってるけど、具体的にどうすればいいの?

と思いますよね。

ぐぐってみました。

ふむ、豚汁最強説ですね。

豚肉って栄養豊富なんだなあ。

そういえば昔ながらの日本の家には囲炉裏があって中央に鍋が常設されてますよね。

昔の人たちは、とりあえず食材をゲットして鍋にぶちこんで煮ていたのでしょうか。

温かい食事は心まで癒されます。

引きこもりさんの運動不足

栄養を補充したら次は運動です。

引きこもりさんは運動不足になりがちです。

家のなかに引きこもっているのだから当然ですよね。

しかし家のなかで走る跳ぶなどの激しい運動はなかなかできません。

かやあそう
筋トレならできるんじゃないの?

と思うかもしれませんが筋トレは筋肉の強化を目的とするのであって体調の調整のために行うものではありません。

なので活動する元気を得ようとすると目的がずれていますね。

なかには筋トレで元気になる人もいるでしょうがおそらく少数派です。

そこで自宅のなかでローコストでできる運動のご提案です。

動画をみると「ふざけてんのか?」と思うかもしれませんがふざけていません。大真面目です。

寝ゆる黄金の3点セット、これ、ほんとに気持ちいいんですよ。

かやあそう
ゆる体操のキモは血流を良くすることです。

血流が良くなることで身体の隅々まで栄養が行き渡ります。

まあ嘘だと思って試してみてください。

足の裏をひたすらもむ

人は体調が悪いと機嫌も悪くなります。

かやあそう
足の裏って多少無造作に揉んでも大丈夫。

背中とかおなかとか内臓に近い体の部位だと思わぬ不具合が起こる可能性もあるので怖いのですが。

足の裏であればケガしていない限りは強く揉んでも大丈夫。

ぐいぐいっと無心で揉むだけで気持ちがいいです。

かやあそう
あとは かかと とか ふくらはぎ とか。

難しく考えなくてもひたすら押したり揉んだりしているだけで気持ちいいです。

反復運動

かやあそう
あなたは「ホーリーランド」という漫画をご存じでしょうか?

主人公は引きこもりです。

部屋の中でひたすら鍛錬を繰り返した引きこもりです。

ボクシングのワンツーをひたすら練習し、ある日ひそかに夜の街に繰り出した結果、不良をノシてしまい以降彼の伝説が始まるという物語です。

別に伝説になる必要はないのですが反復運動は心身ともに良い影響を与えるようです。

かやあそう
感謝の正拳突きとかね。

観音様ネテロ様までにはなれそうにないですが反復運動ならできるかもです。

引きこもりさんの睡眠不足

ゆる体操をすると結構眠れたりしますがそれでも眠れない場合もあります。

そんな場合は生活習慣の見直してみましょう。

メモ

・寝る体勢を変えてみる。仰向けで寝ている場合は右側を下にしたりうつ伏せになってみる。
・睡眠時無呼吸症候群になってないか、自分を録画して確かめてみる。
・寝る前にスマホやパソコンなどの情報機器をいじらない。気分が高揚する音楽を聴かない。

などがまずは睡眠不足の原因として疑わしいですね。

引きこもりさんの最大の不足要素

栄養を採って身体を整えたら次は心について対応していきます。

引きこもりさんの最大の不足要素かもしれません。

かやあそう
心の刺激。ストロークといいます。

人間が生きる上でストロークは大切です。

張り合いとも言い換えられるかもしれません。

民衆が生きるためにはパンとサーカスが必要だ、と言ったのは誰だったでしょうか。

動物が生きるのに食料が必要であることは自明の理ですが、ではサーカスが必要とはこれいかに?

かやあそう
人生には感動や心動かされる何かが必要なのですね。

心が動かないと生きていても死んでいる、リビングデッド、ゾンビのような状態になります。

では心の刺激をどのように得ればいいのでしょうか?

かやあそう
ひとつの案としては「オンラインゲーム」です。

オンラインゲームというと引きこもりの代名詞みたいな印象がありますが正しくありません。

むしろ引きこもってストロークが足りないからこそオンラインゲームをやるというほうが正しい。

オンラインゲームをやるから引きこもるというのは少数派です。

プレイするオンラインゲームを選ぶコツとしては「廃課金」「廃人」と呼ばれる状態を避けることです。

「廃課金」とは課金すればするほどキャラクターが強くなる傾向にあるゲーム

「廃人」とは時間をかければかけるほどキャラクターが強くなる傾向にあるゲーム

です。

月額課金のゲームがいいかもしれませんね。

おすすめはff14です。

参考

参考:FF14プレイ攻略ガイド
FF14のやり方・はじめ方

繰り返しますがオンラインゲームをするから引きこもるのではありません。

引きこもってストロークが不足するからオンラインゲームをプレイするのです。

そしてそれは対処療法としては決して間違えてはいないと僕は思います。

かやあそう
あくまで対処療法としては、です。

ゴール地点を決めておく

最初にゴール地点を決めておくことは大切です。

家族視点なら

ポイント

・独身で楽しく
・子供を持って幸せに
・パートナーを得てエンジョイ

仕事視点なら

ポイント

・生活していけるだけのお金が稼げればいい
・充実感のある仕事がいい
・社会的ステータスを手に入れる

などがあります。

おすすめは短期間ごとに小さな成功を達成して満足してしまうことです。

かやあそう
一人暮らしをして適度に仕事をして時々友達と御飯を食べたりカラオケにいったり。

なんてのも素敵なライフスタイルだと思いますよ。

ひとつのゴールを達成すればまた次のゴールを決めればいいだけなのでコツは最初から大風呂敷を広げないということですね。


スポンサーリンク

レベル3:引きこもりから抜け出すための準備をしよう~まとめ~

引きこもりから抜け出すための準備についてコメントしました。

気づいたかもしれませんが武道の基礎である「心技体」をもとに記載しております。

戦前の日本にはこのように良い文化もたくさんあったらしいのですがGHQさんに目をつけられて廃れてしまったようです。残念。

かやあそう
引きこもりから抜け出す準備ができたら次のステップにすすみましょう。

次の記事は>>レベル4:引きこもりのエネルギー充電です。

前の記事は>>レベル2:引きこもりの劣等感との付き合い方を考えてみようです。

スポンサーリンク

-引きこもり
-

Copyright© 仕事が辛いと思ったら読むブログ , 2020 All Rights Reserved.