~自分や社会の闇を半ばヤケ気味に笑い飛ばすブログ~

仕事が辛いと思ったら読むブログ

単身赴任

単身赴任の夫が帰ってこない。帰る頻度が下がる理由と傾向対策は。

投稿日:

スポンサーリンク

家族団らん

本記事では

困ったさん
夫が単身赴任しているけど月日が経つにつれてどんどん家に帰ってくる頻度が下がってきた。なぜなんだろう?赴任先が楽しいのかな?もしかして浮気?

というお悩みを解決します。

かやあそう
みなさん、単身赴任してますか!?

僕は30代の頃に5年半ほど単身赴任していた経験があります。

その経験から単身赴任の夫の帰省頻度が下がる理由を書きます。

はじまりはじまり。

スポンサーリンク
  

単身赴任の夫が帰ってこない。帰る頻度が下がる理由と傾向対策は。

仕事の疲れ

サラリーマンって平日は終電まで働くのがデフォルトでした。

かやあそう
最近は働き方改革の影響で違ってきていますが、特に僕みたいな技術職のお仕事だと会社で機械をいろいろ検証する時間が欲しいんです。

でも日中帯はお客様対応でべったり。

かやあそう
じゃあ夜しかないんですよ、検証作業ができるのって。

そういう働き方をしていると週末に身体が動かなくなります。

土曜日になんとか1週間分の洗濯、掃除、食料の買い込みなどをしてへとへと。

日曜日に身体を休めて翌週に挑むというサイクルです。

実際に僕も東京~広島への帰省を土日にしたことがありますがしんどいですよ。

かやあそう
新幹線で往復8時間かかりますからね。

そして翌週に、また仕事に向かう。

かやあそう
ちょっとしか家族に会えなくて寂しいうえに肉体的にもきついという二重苦。
かやあそう
逆にね、一度試しに土日で夫の赴任先に妻のあなたが行ってみてください。

長距離だとものすごくしんどいですよほんとに。

浮気じゃない?

かやあそう
その可能性もありますね。

ただ浮気相手ができて帰省頻度が減って疑われて探偵調査されて浮気バレてってストーリーが容易に想像できます。

それがわからない夫さんなのでしょうか?

わからない夫さんならしょうがないですね。

かやあそう
妻であるあなたが理解させてあげてください。

探偵って相談無料なんですね。

「大阪・京都」で警察OBに直接相談できる探偵事務所

くわばらくわばら。

お金の問題

問題です。

広島~東京まで新幹線の片道でおいくらでしょう。

かやあそう
答えは自由席の場合で約18,500円です。

指定席なら2,000円程度あがります。

グリーン車なら数千円程度金額があがります。

ということは1回の帰省で約4万円が飛んでいくのです。

もしかして夫の単身赴任生活費のなかに帰省旅費を混ぜ込んでいませんか?

かやあそう
それだめ。

なぜなら帰省しなければしないほど夫の単身赴任の生活費が増えるから。

単身赴任中に飲み会とかお付き合いがたくさんあるとあっというまにお金は飛んでいきます。

特に二次会、三次会と参加した場合はすぐに福沢諭吉が飛んでいきます。

なら節約のために帰省旅費を削ろうか~と考えても不思議じゃありません。

規制旅費は家計から払うようにするのが大切です。


スポンサーリンク

単身赴任の夫が帰ってくるようになるためには

帰省旅費は家計から

先述のとおり、帰省旅費は家計から支払ってください。

子供とのふれあい

お子さんがいる場合は積極的に夫にくっつくようにしてあげてください。

妻とのふれあい

妻のあなたも積極的に夫にくっついてください。恥ずかしいとか言わない。くっついて。

マスオさん

僕は帰省したときには妻の実家にマスオさんしてました。

かやあそう
ちょっと遠慮するんですよね。

気難しい義理のご両親の場合はちょっと疎遠になりがちですよね。

なのでそういう時はなるべく夫とあなたの両親が関わらない、または妻であるあなたが気を遣うようにしてください。

めんどくさいとか言わない。

浮気の場合は

以下の記事に対策を記載しましたのでご参照ください。

人はいやらしい意味ではなく、生きていくうえで肌と肌のふれあいが必要なのです。

単身赴任の夫が帰ってこない。帰る頻度が下がる理由と傾向対策は。~結論~

はやさかゆき頬ずえ

本記事では単身赴任の夫の帰省頻度が下がった場合の理由と傾向対策を記載いたしました。

かやあそう
思い当たるフシがありましたでしょうか?

一番大切なのはスキンシップです。

恥ずかしいかもしれませんが大事なことです。

実は妻側は子育てで十分なスキンシップがとれているので夫のスキンシップ不足にかなり鈍感だったりします。

かやあそう
今日からスキンシップ、はじめてみませんか?

本記事が少しでもあなたのお役に立てたならばこれほど嬉しいことはありません。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

-単身赴任
-,

Copyright© 仕事が辛いと思ったら読むブログ , 2020 All Rights Reserved.