~自分や社会の闇を半ばヤケ気味に笑い飛ばすブログ~

仕事が辛いと思ったら読むブログ

単身赴任

単身赴任は嫌だから転職か?子供が小さくて妻が反対する場合にどうするか。

投稿日:

スポンサーリンク

泥沼にはまる男性

本記事では

会社から転勤を言い渡されて子供も転校させたくないから単身赴任すべきか。でも家族が離れ離れになるので嫌だ。単身赴任を断って今の土地で転職すべきか。

というお悩みを解決します。

かやあそう
みなさん、単身赴任するかどうか迷ってますか!?

僕は30代の頃に5年半単身赴任した経験があります。

単身赴任は家族と離れ離れになるのが辛いですよね。

でもそう簡単に仕事は辞められないしどうしたらいいのだろう。

スポンサーリンク
  

単身赴任は嫌だから転職か?子供が小さくて妻が反対する場合にどうするか。

単身赴任のメリット

単身赴任のメリット。 それは夫の時間が増えることです。

増えた時間をどのように使うかはそれぞれの人次第ですが、自分の成長に投資することで今後の生活にプラスになります。

例えば副業でブログをはじめて収益を上げるとか。

例えば専門的な知識を身に付けるとか。

例えばオンラインゲームで新しい人間関係を作ってみるとか。

自分次第でまだまだ成長していける。 挑戦する人には単身赴任は向いているかもしれません。

単身赴任のデメリット

家族が遠くなる

家族に会えないと寂しいですね。 そして家族がバラバラになる可能性があるのも単身赴任です。

堕落する

暇を持て余しているので僕のようなぐうたら人間だと漫然と日々を過ごしてしまいがちです。

仕事が充実していればいいのですがそうでもなく遊びも下手というタイプだと精神的に追い詰められがちです。

冬の休日はコタツから出ない、とかできますが充実感がないですね。

身体は楽になりますが充実感、大事です。

二重生活

光熱費とか家賃とか生活費が二重にかかってきますので金銭的にも辛いです。

会社から家賃補助や手当、帰省旅費などが支給されればいいのですがそれらがないと金銭的にかなりきついです。

子供が転校するとどうなるか

仮に単身赴任ではなく家族帯同で転勤した場合。

いじめられる可能性はある

僕は小学校3年生の時に転校を経験しています。

転校生に対して在校生は最初かなり冷たいです。

男子と女子で違うのでしょうが、男子は冷たかったですね。

その後僕が鼻くそをほじってまるめて捨てるなど面白いキャラをしていることが発覚するとその壁もなくなりましたが。 一歩間違うといじめにつながります。

妻のストレス増

特に育児をしている妻は子育てに高ストレスを感じています。

そんな時に夫が力をかせればいいのですがそもそも夫だって転勤したばかりで環境になれておらず仕事になれなければいけないので大変なわけです。

妻の実家に近い土地柄のほうがおじいちゃんおばあちゃんの手助けも受けやすくストレスは比較的低いです。

特に子育てに関しては慣れない土地で過ごすよりは慣れた土地で対応したほうがリスクは少ないです。

スポンサーリンク

家族が離れても生活できるか

できないことはないですよ。生活。

かやあそう
でも大変です。

孤独という精神面と二重生活という金銭面での戦いがあります。

地元を選んで転職するか

転職って大変です。

いまの生活が安定しているのであれば苦しいことがあってもどちらかといえばすべきではありません。

環境が変わるということはそれだけ精神的にも肉体的にも、そして金銭的にも不安定になるということです。

普段から転職サイトに登録してじっくりと様子をみるなどの準備もいざって時に有効です。

かやあそう
焦って転職すると思わぬところでつまずくことが多いです。

大事なことは慎重にことをすすめたいものですね。

いまの仕事で給料をもらえて生活できるって当たり前に思うかもしれませんが意外と貴重な環境だったりします。

単身赴任は嫌だから転職か?子供が小さくて妻が反対する場合にどうするか。~結論~

綺麗な海と砂浜

こればっかりは他人が答えを出せるものではありません。

よくよく当事者同士で話し合ってすりあわせていく必要があります。

そこには感情的なギスギスもあるでしょう。

意見の接点が全くないようにも思う時があるかもしれません。

かやあそう
それでも諦めずによくよく話し合ってください。

一番いいのは転勤が決まらなくても普段からもし転勤になったらなどいろんな状況を想定して話し合っておくことです。

本記事が少しでもあなたのお役に立てたならばこれほど嬉しいことはありません。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

-単身赴任
-,

Copyright© 仕事が辛いと思ったら読むブログ , 2020 All Rights Reserved.