~自分や社会の闇を半ばヤケ気味に笑い飛ばすブログ~

仕事が辛いと思ったら読むブログ

仕事

仕事が辛くて頑張れない。やる気が出ないのは自分が弱いからなのか。

更新日:

スポンサーリンク

青い海

かやあそう
本記事では、仕事が辛くて頑張る気持ちがどうしても起きてこない、というお悩みを解決します。

仕事がどうにもうまくいかない。自信がない。

かやあそう
仕事が終わらずに休日にもやろうとするんだけれどやろうと決めたことができない。

なんてことがあったりしますよね。今の僕がまさにそうなのですが。

仕事中もやる気が出ないしかといって仕事をしないと辛い苦しいばかりだしいったいどうしたらいいのでしょうか。

スポンサーリンク
  

仕事が辛くて頑張れない。やる気が出ないのは自分が弱いからなのか。

仕事が辛くて頑張れない。

かやあそう
仕事が嫌だ嫌だ

と思っているとやる気は出ないです。当たり前ですけどね。

かやあそう
でも仕事を好きになれない

という場合がほとんどですね。だから嫌だけどやらなければならない、だからやる気が出ない、となります。

やる気がでなければ頑張る気持ちも起きないですね。

でもやらなければならないことはやらなければならない。どうしたらいいのか。

やる気が出ない

かやあそう
休みの日になると仕事のことは頭から離れないし次の仕事の日までカウントダウンされているような気がする。

というのは僕の症状ですね。

やることやらなければいけないことはあるんだけれどどうもいまいち重い腰があがらない。

という症状です。

スケジュールを組んだりするんだけれどだいたいは家族の予定に狂わされてしまう。昼間は家族サービスで夜に仕事をするのもなんだかしんどい。いまいち仕事に向かえない。

やらないといろんな人に追い詰められて責められるのがわかっているんだけれどどうしてもできない。

なんでやるって言ったことをやらないの?やる気がないの?計画性がないの?一体何なの?

と他人から責められても自分自身がなぜそうなるのかわかっていないのでそもそも説明ができない。

かやあそう
説明ができないと他人は「さぼっている」と思うわけですね。

随分乱暴な考えのような気もしますが自分自身確かに周りの人の期待に答えられていないような気もするわけで、そんなことをもやもや悩んでいると

かやあそう
休日も休んだ気がしない

となるわけですね。

自信がない

かやあそう
あなたは自分に自信がある人ですか、ない人ですか?

おそらくこの記事を読んでいる人は「自信のない人」です。なぜならば僕がそうだからです。で、ここが大きな問題なのですが

かやあそう
自分は弱い、他人は強い

と思い込んでいると自分自身の仕事の成果、品質のラインが合格ラインよりはるか下に設定されていまいます。それも無意識で。

かやあそう
だって自分は弱いんだから

と品質をあげる、合格ラインに達する努力をしなくなる。そうしているうちに合格ラインが何かわからなくなる。合格ラインは他人と共有している価値観、仕事の品質のことですね。

かやあそう
合格ラインがわからなくなると自分の仕事がOKなのかNGなのかもわからなくなる

となってそもそも合格ラインまで頑張ろうという気持ちがなくなるんです。だって合格ラインがわからないんだもの。

強がりの反意語、弱がり

弱い人を攻撃するってなんだか倫理上問題があるような気がしますよね。そこをついて自分が弱いと思っている人は相手を怒らせようが自分は弱いんだ、できないんだという錦の御旗を掲げて相手を制しようとします。

これは強がりの人、高圧的な人が相手を威嚇して思い通りにしようとするのと同じようなものです。だから相手に対してみれば強い人も弱い人も自分に価値観を強制してくる人になるんですね。

かやあそう
つまり僕は弱がっていて相手を制御しようとしていたのか。

と最近になって気づきました。ちょっといやかなり遅かったな。

スポンサーリンク

少しずつ自信をつける

弱がって相手を操作しようとしても限界があります。

特に若い時であればまだしも僕のように年齢を重ねてくるとどんどん通用しなくなってきます。それも当然で自分より本来弱い立場である後輩がたくさん増えるからなのです。

かやあそう
後輩は先輩を当然頼ります。しかし弱がっていては頼ることができません。

結果、相手にされなくなります。もっとも必ずしも他人にあてにされたり頼られたりすることが良いことだとは思いませんが少なくとも自分自身の地力は付けておく必要があります。

地力なしでは他の職業への転職もままならないでしょう。

かやあそう
年齢を重ねてしまっていてはなおさらです。

なので弱がるくらいなら強がってバテてしまったほうがいいのかもしれません。自分の限界を認識することができますから。でも弱がっていると自分の限界を超えてもなんとなく会社にいたりできてしまいますからとっても問題です。

休日に頑張れないのは自分自身が弱がっているから

なのかもしれません。

そんなときは少しずつ自信をつけていくしかありません。

頼まれた仕事、約束した仕事から逃げずに期限に間に合わせるようにひとつひとつ合格ラインに達するように対応していく。

かやあそう
しんどいのですがこれしかないのですなあ。

仕事が辛くて頑張れない。やる気が出ないのは自分が弱いからなのか。~結論~

綺麗な海の中

いかがでしたでしょうか。

弱がり、弱がるとはあまり聞かない言葉ですが弱がっている人は僕をはじめとして世の中にはたくさんいらっしゃいます。強がりと同様に相手を操作しよう、相手に許しを請おうとする行為なのですが強がりと決定的に違うのは「地力がつかない」ことです。

自分自身の弱さを言い訳にして約束したことを反故にしていては信頼を得れるはずもなく年を取ればとるほどにいろんなものを失います。経験者がいうので間違いありません。

その対策としては「頑張る」しかありません。ありきたりですが「地力の育成を阻む弱さ」を克服するために必要なのは「苦境に立ち向かう勇気」です。

かやあそう
しんどいですけどあなたも僕と一緒に頑張っていきませんか?

多分大切なことは

かやあそう
自分もあなたも弱いけれどできるポイントを見つけて仕事に対応していこうよ

なのでしょうね。そのためには他人との話し合いや意識のすり合わせが大事ですね。

かやあそう
はあ~苦手な分野だわw(泣

本記事が少しでもあなたのお役に立てたならばこれほど嬉しいことはありません。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

-仕事
-, ,

Copyright© 仕事が辛いと思ったら読むブログ , 2020 All Rights Reserved.