~自分や社会の闇を半ばヤケ気味に笑い飛ばすブログ~

仕事が辛いと思ったら読むブログ

仕事

会社の人に話しかけづらい。話しかけるなオーラを出している人に話しかけるタイミングはどうする?

更新日:

スポンサーリンク

かやあそう
本記事では会社の人に話かけづらくて相談しづらいが仕事のうえでどうしても話しかけないといけないがどうしたらいいんだろうか、というお悩みを解決します。

会社の業務では報連相が大事。よく言われる言葉ですね。でも必ずしも報連相をうまく実行できるわけではありません。

う~ん。
かやあそう
どうしました凹んだくん。
あ、あそさん。実は仕事の悩みがあるんですけど上司に相談しづらくって。
かやあそう
仕事が滞っているのであればなるべく早く申告すべきですね。
そうなんですけど上司は忙しくってなかなか話しかけるタイミングがなくって。まごまごしているうちに外出しちゃったりしてタイミングを逃してしまって。
かやあそう
ん~確かにみなさん忙しいので報連相のタイミングって難しいんですよね。

どうしたものでしょうか。一緒に考えてみましょう。

スポンサーリンク
  

会社の人に話しかけづらい。話しかけるなオーラを出している人に話しかけるタイミングはどうする?

話しかけるタイミング

話しかけるタイミングがわかりません。

わかります。僕も他人に話しかけるのって苦手です。話しかけて良いタイミングなのかダメなタイミングなのかがわからないってことなんですよね。

話しかけると嫌な顔をされるのがイヤで。

忙しい時に話しかけられるとそうなりますよね。では話しかけるタイミングはどのようにして測ればいいのでしょうか。

1.相手のスケジュールの確認

2.相手の体調や機嫌の確認

3.相手の様子を観察

確認していきましょう。

1.相手のスケジュールの確認

社内でスケジューラが公開されている場合、相手のスケジュールが入っている場合があります。

かやあそう
出かける予定があるならばその前の時間は慌ただしいですよね。そういう時に話しかけるのって難しいです。

よっぽど緊急性と重要度が高ければ別です。命や健康に関わるとか、そこまででなくても今言わないとその後の仕事が苦しくなってしまうような場合は例え嫌な顔をされようが怒られようがすぐに申告すべきです。

でもそうでなければなるべく相手のスケジュールを考えて、空いているであろう時間帯に目処をつけて話しかけるべきです。

2.相手の体調や機嫌の確認

スケジュールが空いていても相手がしんどそうだったら相手が話を聞ける体調ではない可能性があります。

でもなかなかそれを言わないですからね。特に中年男性は言わない。

体調悪いから今は話しかけないで。

と言える人って日本人では少数派です。なので忖度しないといけないんですね、そのあたりは。

3.相手の様子を観察

これがすべてかもしれません。話しかけたい相手の様子をよく観察することです。

かやあそう
そのためには実は普段から相手に興味を持っていなければなりません。

興味のない相手だと様子を見ようと思わないですからね。だから相手の様子がわからなくて話しかけるタイミングもわからないということになります。

メール

メールを送っておくのもありです。

□□の件についてご相談があるのですが○○時から1時間程度お時間をいただいてもよろしいでしょうか。

など事前にひと呼吸おいて相手が落ち着いて確認ができるタイミングを作りましょう。

ライン

スマホだとラインもありでしょうか。

業務上の内容であれば流石に既読スルーされることはないとは思います。

ただしラインはそのインフラ自体は一団体が運営しているものであり、セキュリティが弱い面が否めませんので顧客情報など機密事項は送信しないように気をつけておいたほうがよさそうです。


スポンサーリンク

付箋紙

付箋紙ですね。

相手が外出中でも付箋紙に用事をメモして相手の机に貼り付けておく。こうすることで情報伝達ができます。ITツールを使うのもありかもしれませんがITツールって「閲覧しなければいけない」という制約があります。実はこの制約は結構大きい要素のような気がします。

かやあそう
誰だってめんどうなことはしたくないですから。

なので付箋紙をパソコンのディスプレイやロッカーの扉など相手がふだんよく見る場所に貼り付けて確認してもらうレトロな方法の方がかえって手間がかからずいいかもしれません。

特に相手がご年配の方の場合はおすすめです。

雑談

話しかけるタイミングがないならば作ってしまえばいい、という考え方です。

かやあそう
昔からよく言われるのがタバコ休憩のタイミングです。

でも最近は禁煙している人やそもそもタバコを吸わない人も多いのでタイミングがないかもしれませんね。そんな時はお茶タイムをとりやすいようにするのもひとつの策です。例えば10:30と15:00のタイミングで毎日10~15分程度の休憩を入れる。自分ひとりだけではなくてなるべく他の人も巻き込んでいくのがポイントです。

かやあそう
そうやって休憩の習慣という既成事実をつくりあげるわけですね。

仕事の休憩中であれば雑談の絶好のタイミングになります。

相談したい相手も休憩をとってくれるようになったらしめたもの。絶好の相談タイムにしちゃいましょう。

会社の人に話しかけづらい。話しかけるなオーラを出している人に話しかけるタイミングはどうする?~結論~

綺麗な海の中

いかがでしたでしょうか。

話しかけるなオーラを出している人に話しかけるタイミングは

・相手の様子をよく観察

・ツールの活用

・休憩の習慣を創出


を行って対応してみてください。

それでも人に話しかけるのってなんだか苦手。

という場合は心が疲れているのかもしれません。昨今大盛況で予約も取りにくい心療内科に行くのは大変でしょうが最近はオンラインで悩みを相談できるサービスもありますので活用してみてもいいかもしれません。

話しかけたら忙しいからと怒られて、話しかけずにいたらなぜ報告しないんだと怒られて。

なんて経験もあるかもしれません。これ、結構サラリーマンあるあるです。

かやあそう
それでもまあまあ落ち着いて。給料もらったら勝ち、くらいの気持ちでぼちぼちとサラリーマンをやっていこうじゃありませんか。

本記事が少しでもあなたのお役に立てたならばこれほど嬉しいことはありません。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

-仕事
-,

Copyright© 仕事が辛いと思ったら読むブログ , 2020 All Rights Reserved.